Ensemble Viola ♪

enviola.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第2回 ヴァイオリン発表会♪

先日無事に神戸芸術センターのシューマンホールで舞子ヴァイオリン教室の第2回ヴァイオリン発表会を終えることができました(^^♪

b0203230_21371182.jpg

私はピアノ伴奏でお手伝いをさせて頂いたのですが、生徒さんはみんな事前の合わせよりも本番にバッチリ弾くことができてとても素晴らしかったです☆彡
去年に引き続いて伴奏させて頂いた生徒さんはもちろんこの1年でみんなそれぞれに成長していて、また一緒に楽しくアンサンブルさせて頂きました。
今年初めて伴奏させて頂いた生徒さんは、合わせの時は恥ずかしそうにしていたけれど、本番では私のピアノにも慣れてくれたみたいでみんな笑顔でかわいかったです(*^_^*)

小学生の生徒さんの伴奏をさせて頂く時に私が1番ココロがけていることは、バランスです。
小学生の生徒さんは小さなヴァイオリンを弾いていたりするので、グランドピアノとの音量の差はとても大きい!
しかも体の大きさも私の方が断然上なので・・・(笑)生徒さんのヴァイオリンの音がきちんとお客様に聞こえるようにかなり耳を傾けながら弾いています。
しかし!
大変なことばかりではもちろんなく、弾き終わったら私の方を向いてにこっとみんな会釈しながら舞台を去っていくのをピアノに座って見送らせてもらうのはとても特別なカンジでした。

b0203230_21373985.jpg終演後たくさんの贈り物も頂きどうもありがとうございました。
かわいらしいお手紙つきでとっても嬉しかったです♪
またみなさんと一緒に演奏させて頂けるのをココロより楽しみにしています♪

Ensemble Violaの私たちもカルメンファンタジーを演奏させて頂きました☆彡
とっても楽しい1日をどうもありがとうございました(^_-)-☆
[PR]
by ensemble_viola | 2010-11-24 21:40 | コンサート

ツィゴイネルワイゼン

ヴァイオリンという楽器・・・甘い旋律にくるくると動き回る速いパッセージ、ピチカートやフラジョレットなどの奏法を利用して小さな楽器から素晴らしい音楽を作り上げることができます。
いろんな名曲がありますが、誰でも知っている曲と言えば!!!
サラサーテツィゴイネルワイゼンでしょうか(*^_^*)
ツィゴイネルワイゼンとはドイツ語で「ジプシーの歌」という意味。
ジプシー(現在ではロマ人)という民族は音楽に優れ、放浪した各地に音楽的影響を与えたそうです。
特に有名なのはスペインですよね♪
カルメンを想像して頂ければよいかと思います(^^♪

b0203230_2147089.gif19世紀の名ヴァイオリニスト、パブロ・サラサーテ(1844-1908)はスペインのバスク地方、パンプローナの出身。
サン・フェルミン祭という牛追い祭りでも有名な街ですが、まさかそこの出身だったとは!!!
牛追い祭りを見に行ったことがあるのですが、当時は牛のことで街中夜通しの大賑わいだったので、誰もサラサーテのことなんか教えてくれなかった(>_<)
今となっては何か記念館とかあったんじゃ・・・って後悔しちゃいます。。。

名ヴァイオリニストの彼にこぞってサン=サーンスやブルッフ、それにラロがヴァイオリン協奏曲などを献呈しているのがステキですよね♪
もちろん自身も作曲家だったサラサーテは今でも大人気のヴァイオリンの名曲を作曲しています。

いろいろなテクニックを駆使して演奏されるツィゴイネルワイゼン。
ピアノ伴奏は比較的易しく、ヴァイオリンの演奏にピッタリ付き添って演奏できればいいかなと思います。
ノリノリでとても楽しい!
サラサーテの曲は今までにもいくつか伴奏してきましたが、いつもジプシーの情熱が伝わってくるような(!?)錯覚に陥る私なのでした(^_-)-☆
[PR]
by ensemble_viola | 2010-11-10 21:49 | 音楽の宝箱